作業記録メモ

Linuxサーバー立ち上げ設定等のメモ(忘れないための作業記録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Ubuntu 10.04 サーバ版(ディスクトップ版?)にVMwareサーバを入れる

前回(Ubuntu 10.04 サーバ版にDesktopのGUI環境を導入する)からの続きですが、、、

こっちもすったもんだあって導入に苦労しましたが
記事をきちんとまとめる時間がないので
覚書程度に、、、


無事?サーバ版にディスクトップ環境を導入した訳ですが
VMwareサーバの2.0.2バージョンを導入しようとすると
以下のエラーが、、、

make: *** [vmmon.ko] Error 2
make: Leaving directory `/tmp/vmware-config3/vmmon-only'
Unable to build the vmmon module.

サーバ版にディスクトップ環境を入れた祟りかどうかは不明ですが、、、
検索していると英語の文献はいくつか発見
CurseとかOmenとかの記述はなかったので祟りではないかも???

どうやらパッチが出ているようなのでそれをソースにあててから
コンパイルをすればよいとのこと

まずはパッチを入手
wget -N http://risesecurity.org/~rcvalle/VMware-server-2.0.2-203138-update-2.patch

作業フォルダにてVMwaretar.gzを解凍して
tar -xzf VMware-server-2.0.2-203138.i386.tar.gz

パッチをあてるソースの場所へ移動して
cd vmware-server-distrib/lib/modules/source/

ソースの復元
tar -xf vmci.tar
tar -xf vmmon.tar
tar -xf vmnet.tar
tar -xf vsock.tar

解凍した直下のフォルダへ戻り
cd ../../../ (vmware-server-distrib/になります)

そしてパッチをあてる
patch -p1 < ../VMware-server-2.0.2-203138-update-2.patch

パッチをあてたソースの場所へ再び移動して
cd lib/modules/source/

再びアーカイブ
rm -f vmci.tar
rm -f vmmon.tar
rm -f vmnet.tar
rm -f vsock.tar
tar -cf vmci.tar vmci-only/
tar -cf vmmon.tar vmmon-only/
tar -cf vmnet.tar vmnet-only/
tar -cf vsock.tar vsock-only/

またまた解凍した直下のフォルダへ戻り
cd ../../../ (vmware-server-distrib/になります)

やっとのことでインストーラの起動
sudo ./vmware-install.pl


すると、、、

先程のエラーは解消されて無事にコンパイル出来ました


で、VMwareも無事に動作する事が出来ました
めでたし、めでたし、、、
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://locadev.blog44.fc2.com/tb.php/39-36ee17dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【Ubuntu 10.04 サーバ版(ディスクトップ版?)にVMwareサーバを入れる】

前回(Ubuntu 10.04 サーバ版にDesktopのGUI環境を導入する)からの続きですが、、、こっちもすったもんだあって導入に苦労しましたが記事をきちんとまとめる時間がないので覚書程度に、、、無事?サーバ版にディスクトップ環境を導入した訳ですがVMwareサーバの2.0.2バー...

  • 2012/05/06(日) 12:13:47 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。