作業記録メモ

Linuxサーバー立ち上げ設定等のメモ(忘れないための作業記録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




WindowsからUbuntuへVMwareのイメージ移動

Windowsで動作するVMware(Ver.2系)からUbuntuで動作するVMware(Ver.2系)へ仮想化イメージを移動した際の覚書

※ 実行環境により不都合が生じるかもしれませんので自己責任でお願いします、、、


大まかな手順は
1.WindowsでVMの停止
2.Windows上のイメージをUbuntuへコピー
3.コピーしたファイルの属性変更(※ここが肝?)
4.UbuntuにVMの登録
5.動作確認
6.その他


まず最初に、Windowsで動作している移動させたいVMを停止する
なので、止めても問題ないか確認して止める


次に、Windows上のVMイメージをUbuntuへコピーしてくるわけだが、手っ取り早いのはWindows上のVMイメージがある場所を共有し、Ubunutのメニューの「場所」の「ネットワーク」から、コピーしたいVMイメージのフォルダーを(標準の設定であれば)/var/lib/vmware/Virtual Machines に丸ごとコピーします
※ サイズにも因るが作業時間の大半はこのコピーの時間だと思う、、、

続いて、コピーしたファイルの属性変更
コピーしたフォルダ(/var/lib/vmware/Virtual Machines/???)へ移動して、ファイルの所有権と属性を変更する

chmod 0755 *.vmx    ← 実行属性に変更
sudo chown root:root *    ← 所有者をrootに変更


これを実行していないと、この後の作業でVMwareに登録した際におかしくなる(ウチではなった、、、)
※ 補足:Windows環境にあるときに、ファイル名が大文字・小文字混在していた場合、正しいほう(ってどっちやねん)に併せておいてください。Windowsでは問題ない?けど、Ubuntuでは問題になります

ようやく、Ubuntu上のVMwareに登録出来る
「Add Virtual Machine to Inventory」で先ほどコピーしたVMのイメージを選択すると「Inventory」エリアにコピーしてきたVMが現れるはず

で、動作確認だが、最初の実行時にコピーしてきたのか?移動したのか?聞かれる
今回は環境を移動するので、「I moved ~」を選択
無事に動作することを確認♪
WindowsからUbuntuへのVMイメージの移動に成功です

最後に、今回のように移動した場合、元の環境で自動実行の設定になっている場合は必ず停止しておきましょう(同じものが二個起動するとあまりにもよろしくないので、、、)
あと、VM上のゲストOSでVMwareのドライバを再インストール可能な状態になります、、、
念のためにしたほうがいいのかな?
スポンサーサイト




テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://locadev.blog44.fc2.com/tb.php/32-f09914e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。