作業記録メモ

Linuxサーバー立ち上げ設定等のメモ(忘れないための作業記録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




apache2の設定

apache2の設定をする

うーん ubuntu8.04だと特にないな、、、

ひとまず、[ /etc/apache2/sites-enabled/000-default ]だけ開いて、

ServerAdmin  xxx@xxx.xxxx  ← メールアドレスの変更
<Directory /var/www/>
  Options Indexes FollowSymLinks MultiViews  ← 一覧表示だけ解除
  AllowOverride None
  Order allow,deny
  allow from all
</Directory>


[ /etc/init.d/apache2 force-reload ]でサービス再起動




スポンサーサイト

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

パッケージを追加する(vsftpd)

FTP接続できるようにvsftpdを導入

aptitudeを実行する。
画面が表示されたらまず最初はupdateを実行

目的のvsftpdを探す
  1. 「/」スラッシュを押すと検索画面が表示されるので、「vsftpd」と入力(入力途中で見つかるが、、、)
    aptitudeでvsftpdを検索している画像
  2. 「+」を押すと「i」のマークがつく
  3. 「g」を押すとインストールの確認画面が表示される
  4. さらに「g」を押すとインストールが始まる
  5. 無事にインストールができたら「q」で終了しましょう
完了ですBrilliant

続いて設定
「/etc/vsftpd.conf」を開いて

# Allow anonymous FTP? (Beware - allowed by default if you comment this out).
anonymous_enable=NO ←自宅で使うだけなので今は不要
# Uncomment this to enable any form of FTP write command.
 write_enable=YES ← コメントをはずして書き込み可能に
# Uncomment this to allow local users to log in.
 local_enable=YES ← コメントをはずしてローカルユーザーがアクセスできるように


サービスを再起動して「/etc/init.d/vsftpd restart」、FTPクライアントソフトから自宅サーバーへ接続できるか確認して終了キラキラ(オレンジ)



テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

ネットワーク周りの設定

ネットワーク周りの設定を変更する
とりあえずは「hosts」、「hosts.deny」、「hosts.allow

hosts」はなぜか端末に割り当てている名前が「127.0.1.1」となっているので、とりあえず修正

127.0.0.1  localhost
127.0.1.1  hs

127.0.0.1  localhost hs


で、セキュリティアップのために、ネットワークへは誰も繋がらないように設定する
「/etc/hosts.deny」に以下を追加(コメント以外の記述がない場合)

ALL: ALL


それから繋げてもよい設定をする
「/etc/host.allow」に以下を追加

ALL: localhost 192.168.11.0/24
httpd: ALL

とりあえず家の中からはすべてOKで、WEBサービスのみ皆に開放とする




テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

IPアドレスの設定

やはり サーバともなればアドレスは固定でなくては、、、
とりあえず「ろか」の家の環境では192.168.11.0/24なので、、、それを前提に書いています

/etc/network/interfaces ファイルを開いて編集を行う
最初はこの状態

auto eth0
iface eth0 inet dhcp

auto eth0
iface eth0 inet static
    address 192.168.11.123   ← サーバPCのIPアドレス
    network 192.168.11.0      ← ネットワークアドレス
    netmask 255.255.255.0     ← ネットマスク
    broadcast 192.168.11.255 ←ブロードキャストアドレス
    gateway 192.168.11.1     ← ゲートウェイ(ルーターのアドレス)
    dns-nameservers xxx.xxx.xxx.xxx yyy.yyy.yyy.yyy ← とりあえずプロバイダのDNSのアドレス

まずは、こんな感じかな、、、

では、ネットワークを再起動して[ /etc/init.d/networking restart ]
ifconfigで正しく動いているか確認

eth0    Link encap:Ethernet HWaddr 00:00:00:00:00:00
    inet addr:192.168.11.123 Bcast:192.168.11.255 Mask:255.255.255.0
    inet6 addr: fe80::20c:29ff:fee4:597f/64 Scope:Link
    UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
    RX packets:152 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
    TX packets:79 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
    collisions:0 txqueuelen:1000
    RX bytes:16828 (16.4 KB) TX bytes:10478 (10.2 KB)
    Interrupt:17 Base address:0x1400

いいんじゃないかグー!



テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

サービス決定

とりあえず

1.bind
2.lamp
3.openssh(VMからだしいらんか。。)
4.postfix

をチョイス

しばらく待つ・・・(20分位)

インストール完了キラキラ(オレンジ)

早速、ログインして、aptでパッケージのバージョンアップ

さーて つぎは何をしよう・・・



テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

Ubuntu Sever 立ち上げ

自鯖を立てようと決めた!

まずはサーバ構築だ
OSはLinuxのUbuntu8.04決定、ハードの都合もあるので、今回はVMWareに構築することに、
まずはUbuntuのディストリビューションのダウンロード
http://www.ubuntulinux.jp/products/WhatIsUbuntu/serveredition

で、お次はVMwareでUbuntu用のVirtualマシン作成、ダウンロードしてきたisoファイルでbootして、インストール開始

おっ セットアップの最初のほうでサーバのパッケージに見知らぬものが、、、
LAMPってなんだ?
さっそく ぐぐる ・・・
なんだ LAMP(Linux, Apache, MySQL, PHP)の事か、、
てか、上のダウンロードしてくるところにも書いてあるじゃん絵文字名を入力してください

この調子じゃ先が思いやられるので、やったことは書いておこうとFC2にブログ申請して、メモ書きスタート



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。