作業記録メモ

Linuxサーバー立ち上げ設定等のメモ(忘れないための作業記録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Ubuntu 10.04 サーバ版(ディスクトップ版?)にVMwareサーバを入れる

前回(Ubuntu 10.04 サーバ版にDesktopのGUI環境を導入する)からの続きですが、、、

こっちもすったもんだあって導入に苦労しましたが
記事をきちんとまとめる時間がないので
覚書程度に、、、


無事?サーバ版にディスクトップ環境を導入した訳ですが
VMwareサーバの2.0.2バージョンを導入しようとすると
以下のエラーが、、、

make: *** [vmmon.ko] Error 2
make: Leaving directory `/tmp/vmware-config3/vmmon-only'
Unable to build the vmmon module.

サーバ版にディスクトップ環境を入れた祟りかどうかは不明ですが、、、
検索していると英語の文献はいくつか発見
CurseとかOmenとかの記述はなかったので祟りではないかも???

どうやらパッチが出ているようなのでそれをソースにあててから
コンパイルをすればよいとのこと

まずはパッチを入手
wget -N http://risesecurity.org/~rcvalle/VMware-server-2.0.2-203138-update-2.patch

作業フォルダにてVMwaretar.gzを解凍して
tar -xzf VMware-server-2.0.2-203138.i386.tar.gz

パッチをあてるソースの場所へ移動して
cd vmware-server-distrib/lib/modules/source/

ソースの復元
tar -xf vmci.tar
tar -xf vmmon.tar
tar -xf vmnet.tar
tar -xf vsock.tar

解凍した直下のフォルダへ戻り
cd ../../../ (vmware-server-distrib/になります)

そしてパッチをあてる
patch -p1 < ../VMware-server-2.0.2-203138-update-2.patch

パッチをあてたソースの場所へ再び移動して
cd lib/modules/source/

再びアーカイブ
rm -f vmci.tar
rm -f vmmon.tar
rm -f vmnet.tar
rm -f vsock.tar
tar -cf vmci.tar vmci-only/
tar -cf vmmon.tar vmmon-only/
tar -cf vmnet.tar vmnet-only/
tar -cf vsock.tar vsock-only/

またまた解凍した直下のフォルダへ戻り
cd ../../../ (vmware-server-distrib/になります)

やっとのことでインストーラの起動
sudo ./vmware-install.pl


すると、、、

先程のエラーは解消されて無事にコンパイル出来ました


で、VMwareも無事に動作する事が出来ました
めでたし、めでたし、、、




スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。