作業記録メモ

Linuxサーバー立ち上げ設定等のメモ(忘れないための作業記録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




mysqlのバックアップと復元

mysqlもしばらく使っていると色々な情報がたまってくる(俺の場合、大半はゴミだが、、、)

やはりバックアップをしていないといけない!?

ってことで、以下、Linux版のmysqlの場合


バックアップは簡単!!(mysqlが動作しているローカル端末で、アクセス権が設定されている前提)

mysqldump -u [ユーザーID] -p [データベース名] >[バックアップファイル]

で、パスワードを聞いてくるので、[データベース名]、[ユーザーID]で指定したユーザーのパスワードを入力すればOK

結果は標準出力([バックアップファイル])へ出力されるので、あとは、ディスクの空き容量があればバックアップが完了する。


で、逆に復元するときは、

mysql -u [ユーザーID] -p [データベース名] <[バックアップファイル]

同じくパスワードを聞いてくるので、パスワードを入力すればOK
(※リダイレクトの方向("<"、">")を間違いなく、、、)


気になるのは、、、
ダンプしたときの内容だが、

テキストで出力されているので、日本語が化け化けになっている、、、(事もある!?)
(当環境はUbuntu8.10 UTF-8)

実際にうまくいくかどうかは、環境によって異なるかもしれないので、ルーチンワークにする前に、必ず動作検証してくださいね。




スポンサーサイト

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。